ホーム > 市報てんどう > 市報てんどう > 平成30年9月のトピックス
市報てんどう
市報てんどう
市報てんどうタイトル

市報てんどう

平成30年9月のトピックス


  • 9月の話題(トピックス)を更新しました

三味線の演奏をバックに唄い手が歌を披露 会場に響き渡る力強い歌声

 9月30日、市立高原の里交流施設ぽんぽこで、津軽三味線貢正流正徳会(みつまさりゅうまさのりかい)の出演によるぽんぽこ里山コンサートが開催されました。リクエスト曲を含めた21曲の演奏を披露。約180人の来場者が三味線の音色に聴き入り、「生の三味線を聞いて感激で涙が出た」「迫力に圧倒された」などと感想を話していました。

市内各小学校へ3冊の絵本を贈呈 石ころアートに挑戦!

 9月29日、市立図書館で、絵本作家つちだよしはるさんから市内小学校への絵本の贈呈式が行われました。これは、天童市市制施行60周年と同図書館開設35周年を記念して行われたものです。つちださんは20年続けて同図書館で原画展とワークショップを開催しており、ことしは「つちだ先生と世界にひとつの石ころアートを描こう」と題してワークショップを開催。参加した児童たちは想像力を働かせ、つちださんの手を借りながら石ころに絵を描き、世界に一つだけの作品を作り上げていました。

懐かしい旧友との再会 園児たちの歌や踊りに拍手喝采

 9月9日から30日にかけて、市内の各地域で敬老会が開催されました。15日の干布地区敬老会には、77歳以上の方約200 人が出席し、米寿を迎えた方には賀詞が、80歳を迎えられた方には敬老金が贈呈されました。余興の部では、天童東幼稚園と天童東第二幼稚園の園児による歌と踊りのほか、有志の方による歌や地元グループによる踊りも披露されました。出席者は仲間との思い出話に花を咲かせ、会場は和やかな雰囲気に包まれていました。

地元グループがお祝いの踊りを披露 干布地区婦人会による花笠踊り


中村選手と談笑する児童ら 2年生の教室で記念撮影

 9月19日、寺津小でモンテディオ山形ふれあい給食が開催されました。訪問した中村駿太選手と2年生の児童は、庄内風芋煮や勝利を願った赤色のトマトソースで唐揚げをあえたモンテンドーレ、ふたにホームの試合予定が載ったつや姫ムースなどのモンテ応援献立に舌鼓。その後、体育館での全校児童との交流会では、栄養教諭による食育クイズや中村選手のボールパフォーマンスが披露され、会場は笑顔と拍手であふれていました。最後は、児童たちの元気なエールで幕を閉じました。

中村選手と栄養教諭による食育クイズ 中村選手のボールパフォーマンスも披露


子どもたちが興味津々 四季折々の公園内の景色

 9月13日から17日にかけて、市西沼田遺跡公園で、加茂水族館のクラゲが展示されました。直径約60センチの円形水槽に同水族館から運ばれたミズクラゲを飼育。13日は、来場した子どもたちがゆったりと漂うクラゲを興味津々に観察していました。同園スタッフは「クラゲに癒されながら、各種体験学習や公園から望む景色も楽しんでほしい」と話していました。


プロ棋士による指導対局 キックボウリングに挑戦!

 9月15日、県総合運動公園で将棋×サッカーコラボイベントが開催されました。モンテディオ山形のホーム戦に合わせ開催されたイベントに多くの将棋ファン、サッカーファンが来場。プロ棋士による指導対局やトークショー、モンテディオ山形選手・コーチのサイン入り根付け駒がもらえる将棋キックボウリングなど、さまざまなイベントを楽しんでいました。村山慈明七段と佐々木勇気六段の特別公開対局では、解説の広瀬章人八段、佐藤慎一五段から「一気にサイドチェンジしました」「(今の指し手は)40メートル弾ですね」などのサッカー用語を交えた解説で訪れた人を楽しませていました。

プロ棋士同士の特別対局はキックボウリングで対局者を決定 プロ棋士によるトークショー(左から広瀬章人八段、村山慈明七段、佐々木勇気六段、佐藤慎一五段)



最新作の原画を中心に実際に使用された絵具や筆なども展示 多数の原画やさまざまなイベントで絵本の世界を楽しめます

 9月13日、市美術館で、「リサとガスパールの絵本の世界展」の開会式が行われました。フランスで生まれ世界中で愛されている人気絵本シリーズの最新作「リサとガスパールとうきょうへいく」をはじめとした貴重な原画などを多数展示しているほか、リサとガスパールと一緒に写真を撮ることができるフォトスポットコーナーや絵本の読み聞かせ会など、さまざまなイベントで絵本の世界を楽しむことができます。同展は10月28日まで開催中です。

激励品にはお米も入っていました 派遣先での抱負を語ってくれました

 9月14日、青年海外協力隊としてアフリカに派遣される本市出身の鈴木雅仁さんと佐藤彰則さんが山本市長を訪問しました。鈴木さんはケニアで農業支援のために、佐藤さんはガーナで現地の教員を対象としたコンピューター教育のために派遣されます。山本市長からの激励品の贈呈後、懇談が行われ、青年海外協力隊を志した動機や派遣先の社会状況、派遣に当たっての抱負、目標などについて話を交わしました。


親子でそばピザの生地作り♪ そばピザのチーズがとろ〜り

 9月9日、天童高原で、天童高原そば花まつりが開催されました。ピザ作り体験では、そば粉から作った生地に好みの具材をトッピングした後、直火を使ったピザ窯で焼き上げました。他にも、味わい深い10割そばとコシの強い8割そばにそばがきとそば菜料理がセットになった手打ち板そばの食べ比べや、そば花を使ったしおり作りも行われました。でわかおりのそば花畑が見頃を迎える中、参加者は天童高原産のそばの魅力を見て食べて体感していました。

そば花を使ったしおり作り 満開のそば花畑

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704