ホーム > 市報てんどう > 市報てんどう > 平成29年8月のトピックス
市報てんどう
市報てんどう
市報てんどうタイトル

市報てんどう

平成29年8月のトピックス


  • 8月の話題(トピックス)を更新しました

←前の月へ      次の月へ→

コーラスとバンドの共演でスタート エレキギターなど電子楽器も登場

 8月6日、わくわくランド屋外ステージで、天童ジョンダナフェスティバルが開催されました。県内・外から合わせて10組のグループが参加。午前11時から午後6時までの7時間にわたって生の演奏が繰り広げられました。猛暑の中での開催でしたが、出演者も観客も一体となって盛り上がり、ステージ後方の噴水広場で水遊びをする子どもたちもバンドの演奏に合わせて踊り出すなど、大人も子どももイベントを楽しんでいました。併設された売店では暑さもあってかき氷が特に人気を集めていました。最後に特別ゲストとして本市出身のアルトサックス奏者の川崎敦史さんが出演し、艶のある音色が響き渡ると、会場はしっとりとした大人の雰囲気に包まれました。

川崎敦史さんのステージ 客席も拍手喝采で盛り上がり


よ〜く狙って ボール投げに挑戦!

 8月6日、市子育て未来館げんキッズで、げんキッズ夏祭りが開催されました。夏休みに、子どもたちが気軽に楽しめる祭りを作りたいと企画されたイベントでは、スタッフ手作りの射的や的当て、ボウリング、輪投げ、釣り堀の5つのコーナーが用意され、多くの親子連れが参加。家庭ではなかなか作れない遊び場を前に親子が一緒に投げて当てて捕って、笑顔いっぱいに楽しんでいました。

欲しい景品をフィッシング! 輪投げに挑戦!


子ども消防隊の放水 女子も上手にロープ渡り訓練

 8月4日、チャレンジファイヤーキッズが市消防本部で開催されました。小学生を対象に消防や救急の仕事と役割を学んでもらうイベントに約30人が参加しました。この日の体験メニューは、家庭でも役立つ消火器の操作訓練、防火服を着用しての放水訓練、空中に張ったロープを腕の力で渡る救助訓練、救急車の中で人形を使用した心肺蘇生法やAEDの操作訓練、人工の煙で満たした部屋の中を空気ボンベやマスクを装備して進む煙体験が用意され、参加者は5〜6人のグループで順番に体験しました。また、35メートルのはしご車搭乗体験も行われ、通常は消防士しか乗ることのできないはしごの先端にあるバスケットに乗って地上35メートルまで上昇すると、子どもたちからは歓声が上がりました。

心臓マッサージはかなりの体力が必要です 地上35メートルの世界へ出発


見本から好きな絵柄を選びます 好きな色のビーズを並べます

 8月3日から20日まで、市美術館で、体験美術館が開催されました。これは、タングラムやパズル、アイロンビーズ、箱づくりなどをとおして創作活動に触れてほしいと、小・中学校の長期休業などに合わせて実施しているものです。期間中は、連日大勢の参加者でにぎわい、人気のアイロンビーズでは、見本を参考に好きな色のビーズを並べて自分だけの作品を完成させていました。

仕上げはアイロンでビーズをつなぎます 連日大勢の来館者でにぎわいました


三笠宮彬子さまを迎えての開会式 審判長の競技開始の号令の下、対局がスタート

 8月3日・4日、滝の湯で、第38回全国中学生選抜将棋選手権大会が開催されました。大会名誉総裁の三笠宮彬子さまを迎え、各県代表の男女99人が優勝を目指して棋力を競いました。1980年から開催されたこの大会は、年々参加する中学生の棋力も向上し、過去の参加者から多くのプロ棋士を輩出している全国でも最高峰の大会です。
 中学生プロ棋士の藤井聡太四段の活躍で将棋が注目を集める中での開催となった今大会に本県からは、松本望さん(一中1年)、煖エ大輝さん(陵東中1年)、神谷直晴さん(山形一中1年)、松本咲重さん(一中3年)、伊藤さくらさん(二中2年)の5人が出場。三笠宮彬子さまが観戦される中、全国の強豪を相手に熱戦を繰り広げていました。
 大会は、男子の部では橋本力さん(岩手中3年)、女子の部では磯谷祐維さん(中部大学春日丘中3年)がそれぞれ初優勝を飾りました。

二中の伊藤さんは昨年に続き2回目の出場 一中の松本さんの攻めの一手


炎天下の作業に多くの会員が参加 山頂広場のごみ拾い

 8月2日、天童公園で、ボランティア活動が行われました。これは、天童市管工事業協同組合が、市民の憩いの場である公園を気持ちよく利用してほしいと、平成26年から実施しているものです。作業には、約30人が参加し、山頂広場と愛宕沼周辺の2班に分かれてごみを拾い、心地よい汗を流していました。同組合では、このほか、同公園山頂広場の花壇に花の苗を植えるフラワーメイト事業にも参加しています。

愛宕沼周辺のごみ拾い 道路わきの斜面もごみを探します


←前の月へ      次の月へ→
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704