ホーム > 市報てんどう > 市報てんどう > 平成25年6月のトピックス
市報てんどう
市報てんどう
市報てんどうタイトル

市報てんどう

平成25年6月のトピックス


  • 6月の話題(トピックス)を更新しました

木を削って自分だけのはしを作ります 火おこし器の使い方を教わります

 6月29日、親子ふれあい環境教室が市西沼田遺跡公園で行われました。この教室は、資源の有効利用や環境保全について親子で学んでもらおうと市が毎年3回開いているもので、この日は16人の親子が参加し、はし作りと、火おこしに挑戦しました。はし作りでは、カッターで木を切ったり、削ったりして、自分に合ったはしの形に整え、紙やすりできれいに磨いた後、蜜蝋(みつろう)をぬってピカピカのはしに仕上げていました。火おこしでは、火おこしの道具を一生懸命回してできた火種を、火口(ほぐち)に移して息を吹きかけると炎があがり大喜びです。この後、みなさんは囲炉裏(いろり)で古代米のもちを焼き、自分で作ったはしでおいしそうに食べていました。

もうすぐ火種ができるよ 古代米のもちを焼いて食べました

交通事故防止の決意を述べる二中の森谷茜音さん 安全の誓いを述べるかもしかクラブのみなさん

 安全安心なまちづくり市民大会が、6月8日に市民文化会館で開催されました。これは、市民挙げて交通安全や犯罪撲滅、暴力団排除に取り組もうと開かれたもので、約600人の関係者のみなさんが参加。天童市防犯協会と天童地区交通安全協会、市内中学生の各代表が決意を述べた後、天童市かもしかクラブのみなさんによる安全の誓いが行われたほか、暴力追放推進委員会の代表が、暴力排除を力強く宣言していました。その後、県警音楽隊を先頭に市役所と天童温泉周辺をパレードし、安全安心なまちづくりを呼び掛けていました。

県警音楽隊を先頭に市民パレード 500人のみなさんが安全安心を願ってパレード

天童高原夏山開き テープカットで夏山の安全を祈願

 6月2日、夏山シーズンを迎え、天童高原夏山開きが行われました。これは市と田麦野地区自治会が実行委員会を組織して開いたもので、神事に続き、シーズン中の安全を祈願して「締め掛けの松」に田麦野地区のみなさんが新調したしめ縄が張られた後、夏山開き宣言とともにテープカットが行われました。天童高原では、キャンプや登山などを気軽に楽しむことができます。この日も、市内の2つのスポーツ少年団が天童高原から面白山を目指して登山をしていました。みなさんもお友達と一緒に、天童高原へどうぞおこしください。

しめ縄を作った田麦野地区のみなさん 面白山に登山するスキースポーツ少年団

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704