ホーム > 市報てんどう > 市報てんどう > 平成24年6月のトピックス
市報てんどう
市報てんどう
市報てんどうタイトル

市報てんどう

平成24年6月のトピックス


  • 6月のまちの話題(トピックス)更新しました。

鑑賞に訪れた舞鶴保育園の園児 鑑賞に訪れた山口児童館の園児

 第65回村山美術総合展が6月25日から7月1日まで、市民プラザで開かれました。この展示会は、園児から大人までの絵画や彫刻など約450点の作品が展示される、市内で最も大きな作品展です。期間中は、保育園・児童館の園児や美術愛好者など大勢のみなさんが訪れ、「上手だね」「きれいな色だね」と感心しながら、ゆっくり鑑賞していました。最終日には表彰式が行われ、大勢の入賞者に賞状が手渡されました。

愛好者もたくさん訪れました 鈴木副市長から賞状を受けとるみなさん 遠藤村山美術会長から商業を受け取る一般のみなさん

新宿区の百貨店で天童産サクランボをPR 淀橋市場でも天童産のサクランボをPR

 6月17日、山本信治市長と天童市農業協同組合の結城齊組合長、水戸保市議会議長、将棋(こま)の女王らが、新宿区内の百貨店でサクランボを配りながら、天童産サクランボのおいしさと安全安心さを呼び掛けるトップセールスを行いました。18日には、新宿区の淀橋市場も訪れて、セレモニーと試食会を開き、「ことしは品質も最高で、とても甘いですよ」と天童産のサクランボをPRしていました。

風穴を掃除と不要な植物を取り除きます 風穴の掃除をするみなさん きれいになった風穴群

 風穴群から冷気が吹き出しているため、特異な植生を形成している県指定天然記念物のジャガラモガラの環境保全活動が6月10日に行われました。これは、ジャガラモガラの環境を保存することを目的として、上貫津青壮年会が毎年、春、夏及び秋の3回、市教育委員会の委託を受けて実施しているものです。この日は、県文化財保護協議会植物専門員で、市文化財保護審議会の委員でもある佐藤定四郎さんの指導を受けながら、上貫津青壮年会の会員を含めた15人がヨモギやイタドリなどの不要な植物を除去したり、風穴の中の落ち葉などを取り除いたりしたほか、環境を変化させるおそれがあるチマキザサを刈り取っていました。

ごみを拾いながらのウオーキング 流木も一箇所に集めました

 6月3日、県内17の青年会議所では、県民全員で最上川をきれいにしようと17の地域一斉に「ふるさとOMOIYARIプロジェクト2012」という清掃活動を行いました。本市では、荒谷の立谷川河川敷で、天童青年会議所のほか地元のみなさんや企業などから約70人が参加して、ウオーキングごみ拾いが行われました。参加者は、きれいに整備された河川敷のウオーキングを楽しみながら、ごみ拾いや流木集めに汗を流し、気分も爽やかになったようでした。

モンテスふわふわとディーオも応援 イーグルぐるぐる体操 天童中部小の鈴木穣(ゆたか)くんが始球式

 6月1日から3日まで、プロ野球イースタンリーグ公式戦、東北楽天ゴールデンイーグルスと横浜DeNAベイスターズの3連戦が市スポーツセンター野球場で行われ、2日、3日は楽天市民応援デーとして様々な催しが行われました。3日には、モンテディオ山形のモンテスふわふわ(エアートランポリン)が応援に訪れ、ディーオとともに大勢の子どもたちを楽しませてくれました。
 また、試合開始前には、球場の中で親子キャッチボールが行われたほか、あけぼの幼稚園の園児と楽天イーグルスJr.チアリーダーによる元気いっぱいの「イーグルぐるぐる体操」が披露されました。始球式では、天童中部小ゴールデンイーグルスの森谷穣(ゆたか)くんが、見事なストレートを投げ、スタンドから大歓声を受けていました。

天童高原夏山開き 「締め掛けの松」にしめ縄を掛けました 夏山開き宣言後のテープカット

 夏山シーズンを迎え、天童高原夏山開きが行われました。神事の後、シーズン中の安全を祈願して「締め掛けの松」にしめ縄が張られ、夏山開き宣言とともにテープカットが行われました。天童高原では、キャンプや登山などを楽しめるほか、7月21日(土)にはウォーキングセンターの食堂も新しくオープンします。ご家族で、お友達と一緒に、天童高原へどうぞおこしください。

締め掛けの松と姥神 自然豊かな天童高原へどうぞ

講演する片桐重雄さん ワインの奉納式 奉納されたワインを楽しむ参加者のみなさん

 6月2日、織田信長公を祀っている建勲(たていさお)神社で、織田信長公祭が行われました。これは、天童市と織田家との関わりを多くの人に知ってもらおうと開いているもので、およそ50人の関係者や市民のみなさんが参加しました。元最上義光歴史館館長の片桐繁雄さんの「信長と出羽の武将」と題した講演やワインの奉納などが行われ、参加者は織田家との結び付きの強さを再認識していました。

天童市観光果樹園が開園 甘いさくらんぼを召し上がれ 初めてのさくらんぼ狩り

 待ちにまった本格的なさくらんぼのシーズンを迎え、豊作や園内の安全を祈願して、天童フルーツランドで天童市観光果樹園統一開園式が行われました。大震災により福島から市内に避難している幼児とその家族や、山口児童館の園児たち合わせて約50人が招待され、真っ赤に実ったさくらんぼ狩りを体験。「甘くておいしい」と、満足そうにほお張っていました。また、パン食い競争ならぬさくらんぼ食い競争も開催。参加した子どもたちは、揺れ動くさくらんぼに苦戦していましたが、ゲームを楽しみながらさくらんぼを味わっていました。
 ことしのさくらんぼは豊作で甘さも十分とのことです。みなさんも、天童のおいしいさくらんぼをどうぞご賞味ください。

さくらんぼ食い競争に挑戦 さくらんぼ狩りの後は天童のおいしいそばを召し上がれ 今年もおいしいさくらんぼが出来ました

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704