ホーム > 市報てんどう > 市報てんどう > 平成24年4月のトピックス
市報てんどう
市報てんどう
市報てんどうタイトル

市報てんどう

平成24年4月のトピックス


  • 4月のまちの話題(トピックス)4月29日までのイベントを掲載しました。

1区で区間新記録を出した園田選手 区間新の力走をする石山選手 天童市役所前で応援する大勢の市民

  4月27日から29日まで、県縦断駅伝競走大会が2年ぶりに開催され、沿道には待ち焦がれた駅伝ファンなどが大勢詰め掛けました。天童東村山チームは、遠田将人さん(天童市役所)が初日と2日目、石山英明さん(日新製薬)が2日目にそれぞれ区間新を記録するなどの活躍があり、両日とも2位に入りました。3日目は4位ながら、総合では南陽東置賜チームに次いで堂々の2位に入りました。

レコードコンサートで挨拶する山本市長 レコードコンサート

 4月28日、天童温泉しだれ桜まつりの協賛事業として、レコードコンサートが市民文化会館で開催されました。このコンサートは、東北パイオニアから寄贈された、旧天童オルゴール博物館所蔵のレコードと高音質のステレオ装置を活用して初めて行われたもので、延べ400人を超すみなさんが来場。キャンディーズの春一番など、春や桜にちなんだ曲の特集や、イントロ当てクイズなどを楽しんでいました。

見頃を迎えた倉津川のしだれ桜 ライトアップ点灯式 山形大学四面楚歌による花笠踊り

 
 4月28日から30日までの3日間、天童温泉しだれ桜まつりが開催されました。これは、天童温泉協同組合が、天童市の桜の名所となっている倉津川のしだれ桜を生かして、さらなるにぎわいを創出しようと初めて開催したものです。
 しだれ桜もちょうど見頃を迎えた初日の28日は約1万人が来訪。この日は、倉津川の歩橋から王将橋までが歩行者天国となり、ライトアップの点灯式をはじめ、山形大学生による花笠踊りや天童市出身の源吾朗さんの大道芸など、まつりを盛り上げるイベントが多数開催されました。また、平成鍋合戦の1位、2位になった鍋の販売や屋台には行列ができる人気ぶりでした。
 訪れた人々は、幻想的に映し出されるしだれ桜を愛でながら、ゆったりと散策したり写真を撮ったりしながら、イベントやお花見を楽しんでいました。

桜と一緒に記念写真 源吾朗さんの「がまの油売り」 大勢のお客さんがライトアップを堪能

一手一手が勝負 市内外からたくさんの子どもたちが参加 真剣なまなざし

 市民プラザで第42回天童桜まつり子供将棋大会が開催されました。市内外から小・中学生50人が参加し、中学生の部、小学生王将・金将・と金の部と棋力ごとに分かれて、これまでの練習の成果を競いました。子どもたちが将棋板を見つめるまなざしは真剣そのもの。大人も顔負けの熱戦が繰り広げられました。

舞鶴山の道路沿いのゴミを拾う会員 舞鶴山の遊歩道のゴミを拾う会員

 4月15日、天童市連合青壮年会(近野和弘会長)で、舞鶴山一斉清掃を行いました。天童桜まつり人間将棋の開催を前に、会場をきれいにしようと毎年行っているもので、この日は約200人の会員が参加。地域ごとに分かれて、ふもとから空き缶やペットボトルなどのごみを拾いながら、山頂を目指しました。
 参加したみなさんは、「最近は年々ごみの量が減ってきています。うれしいことですね。」と話していました。

展示会テープカット 版画に見る印象派展

 4月13日、天童市美術館で「版画に見る印象派」の開会式が行われました。19世紀後半から20世紀前半の印象派の作家たちは、油彩画を描くかたわら、版画も重要な表現手段と考え、版画を制作していました。自由な線と創造的な表現を見せるエッチングやリトグラフなど、版画の伝統を革新的な創造性で刷新し、版画芸術を隆盛へと導きました。ルノワールやゴーギャン、マネなど当時の印象派の代表的な作品が130点展示されています。
 この日は、山本市長などがテープカットした後、多くの愛好家のみなさんが訪れ、熱心に鑑賞していました。(5月13日まで開催)

ディーオ君も弁当箱片手ににっこり 弁当箱を贈呈 ディーオとモンテスの弁当箱

 ことしも、天童市農業協同組合から市内12校、約520人の新一年生に弁当箱が送られました。食の大切さを伝えるとともに、ごはんをたくさん食べて元気に育ってほしいと、同組合が毎年市内の新入学児童全員に贈っているものです。今回は、モンテディオ山形の協力で、同チームのマスコットであるディーオとモンテスが描かれた弁当箱がプレゼントされました。
 津山小の入学式で行われた贈呈式では、ゲストとしてディーオ君も登場。児童たちは、うれしそうに弁当箱を受け取っていました。ステキな弁当箱で、おいしい給食をたくさん食べてくださいね!
将棋(こま)の女王  天童桜まつりイベントの一つである、第33回将棋(こま)の女王コンテストが行われ、審査の結果、国井千織さん(21歳・久野本・写真左)と、石黒あゆ美さん(25歳・山形市・写真右)が選ばれました。
 2人は、4月21日(土)に行われる天童桜まつり人間将棋でお披露目となります。そして、今後1年間、夏まつりや紅花まつりなどをはじめ、各種イベントなどで天童市のPR活動に花を添えてくれます。
 みなさんどうぞよろしくお願いします。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704