ホーム > 事業・産業 > 入札・契約 > 入札条件
事業・産業
入札・契約
事業・産業タイトル

農林業

入札条件


  1. 本件入札に関し,入札に参加しようとする者(以下「入札参加者」という。)は,天童市契約に関する規則(平成9年市規則第1号)に定めるもののほか,本件に定めるところによる。
  2. 入札参加者は,あらかじめ委任状を提出していない代理人をして入札させるときは,その委任状を持参させなければならない。
  3. 入札参加者の代理人は,当該入札に対する他の入札参加者の代理をすることができない。
  4. 入札参加者の連合その他の理由により入札を公正に執行することができないと認められるときは,当該入札参加者を入札に参加させず,又は入札の執行を延期し,若しくは取り止めることがある。
  5. 次の各号の一に該当する入札は,無効とする。
    (1) 入札に参加する資格を有しない者のした入札
    (2) 記名押印のない入札
    (3) 金額を訂正した入札
    (4) 誤字,脱字等による意思表示が不明瞭である入札
    (5) 明らかに連合によると認められる入札
    (6) 前各号に掲げるもののほか入札に関する条件に違反した入札
  6. 入札をした者は,入札後,現場の状況,契約条項又は入札条件等の不明を理由として異議を申し立てることができない。
  7. 入札保証金は,免除する。
  8. 調査基準価格を設けている。
  9. 落札者は,予約完結権を他に譲渡することができない。
  10. 保証契約に基づいて前払金を支払う。
  11. 落札者は,契約締結後1箇月以内に建設業退職金共済組合等退職共済制度に係る掛金収納書を提示すること。
  12. 落札決定に当たっては,入札書に記載された金額に当該金額の100分の8に相当する金額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは,その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので,入札者は,消費税に係る課税業者であるか免税事業者であるかを問わず,見積もった契約希望金額の 108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。
  13. 本工事が指定建設業に係る工事で,工事を施工するために締結した下請契約の請負代金の合計額が4,000万円(建築一式工事にあっては6,000万円)以上となる場合は,落札者は,指定建設業監理技術者資格者証の交付を受けている技術者を本工事の監理技術者として専任で設置しなければならないこと。
  14. 指名を受けたものが入札を辞退する場合は,次により取り扱うものとする。
    (1) 指名を受けた者は,入札執行の完了に至るまでは,いつでも入札を辞退することができる。
    (2) 指名を受けた者は,入札を辞退するときは,その旨を次により申し出るものとする。
    ア 入札執行前にあっては,入札辞退届を直接持参し,又は郵送(書留で入札日の前日までに到達するものに限る。)して行う。
    イ 入札執行中にあっては,入札辞退届又はその旨を明記した入札書を,入札を執行する者に直接提出して行う。
    (3) 入札を辞退した者は,これを理由として,以後の指名等について不利益な取扱いを受けるものではない。
  15. 請負金額2,500万円以上の工事はCORINSへの登録をすること。
  1. 本件入札に関し,入札に参加しようとする者(以下「入札参加者」という。)は,天童市契約に関する規則(平成9年市規則第1号)に定めるもののほか,本件に定めるところによる。
  2. 入札参加者は,あらかじめ委任状を提出していない代理人をして入札させるときは,その委任状を持参させなければならない。
  3. 入札参加者の代理人は,当該入札に対する他の入札参加者の代理をすることができない。
  4. 入札参加者の連合その他の理由により入札を公正に執行することができないと認められるときは,当該入札参加者を入札に参加させず,又は入札の執行を延期し,若しくは取り止めることがある。
  5. 次の各号の一に該当する入札は,無効とする。
    (1) 入札に参加する資格を有しない者のした入札
    (2) 記名押印のない入札
    (3) 金額を訂正した入札
    (4) 誤字,脱字等による意思表示が不明瞭である入札
    (5) 明らかに連合によると認められる入札
    (6) 前各号に掲げるもののほか入札に関する条件に違反した入札
  6. 入札をした者は,入札後,現場の状況,契約条項又は入札条件等の不明を理由として異議を申し立てることができない。
  7. 入札保証金及び契約保証金は,免除する。
  8. 落札者は,予約完結権を他に譲渡することができない。
  9. 落札決定に当たっては,入札書に記載された金額に当該金額の100分の8に相当する金額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは,その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので,入札者は,消費税に係る課税業者であるか免税事業者であるかを問わず,見積もった契約希望金額の 108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。
  10. 指名を受けたものが入札を辞退する場合は,次により取り扱うものとする。
    (1) 指名を受けた者は,入札執行の完了に至るまでは,いつでも入札を辞退することができる。
    (2) 指名を受けた者は,入札を辞退するときは,その旨を次により申し出るものとする。
    ア 入札執行前にあっては,入札辞退届を直接持参し,又は郵送(書留で入札日の前日までに到達するものに限る。)して行う。
    イ 入札執行中にあっては,入札辞退届又はその旨を明記した入札書を,入札を執行する者に直接提出して行う。
    (3) 入札を辞退した者は,これを理由として,以後の指名等について不利益な取扱いを受けるものではない。
  1. 本件入札に関し,入札に参加しようとする者(以下「入札参加者」という。)は,天童市契約に関する規則(平成9年市規則第1号)に定めるもののほか,本件に定めるところによる。
  2. 入札参加者は,あらかじめ委任状を提出していない代理人をして入札させるときは,その委任状を持参させなければならない。
  3. 入札参加者の代理人は,当該入札に対する他の入札参加者の代理をすることができない。
  4. 入札参加者の連合その他の理由により入札を公正に執行することができないと認められるときは,当該入札参加者を入札に参加させず,又は入札の執行を延期し,若しくは取り止めることがある。
  5. 次の各号の一に該当する入札は,無効とする。
    (1) 入札に参加する資格を有しない者のした入札
    (2) 記名押印のない入札
    (3) 金額を訂正した入札
    (4) 誤字,脱字等による意思表示が不明瞭である入札
    (5) 明らかに連合によると認められる入札
    (6) 前各号に掲げるもののほか入札に関する条件に違反した入札
  6. 入札をした者は,入札後,現場の状況,契約条項又は入札条件等の不明を理由として異議を申し立てることができない。
  7. 入札保証金及び契約保証金は,免除する。
  8. 3回入札に付し落札者がいないときは,不調とする。
  9. 落札者は,予約完結権を他に譲渡することができない。
  10. 落札決定に当たっては,入札書に記載された金額に当該金額の100分の8に相当する金額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは,その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので,入札者は,消費税に係る課税業者であるか免税事業者であるかを問わず,見積もった契約希望金額の 108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。
  11. を受けたものが入札を辞退する場合は,次により取り扱うものとする。
    (1) 指名を受けた者は,入札執行の完了に至るまでは,いつでも入札を辞退することができる。
    (2) 指名を受けた者は,入札を辞退するときは,その旨を次により申し出るものとする。
    ア 入札執行前にあっては,入札辞退届を直接持参し,又は郵送(書留で入札日の前日までに到達するものに限る。)して行う。
    イ 入札執行中にあっては,入札辞退届又はその旨を明記した入札書を,入札を執行する者に直接提出して行う。
    (3) 入札を辞退した者は,これを理由として,以後の指名等について不利益な取扱いを受けるものではない。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部財政課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-2482