ホーム > 事業・産業 > 農林業 > 農畜産物PRコーナー
事業・産業
農林業
事業・産業タイトル

農林業

農畜産物PRコーナー


  • 「ラ・フランス」「シャインマスカット」の海外プロモーションを実施しました

 台湾台北市および香港において平成29年11月24日から26日までの3日間、天童市の特産果実である「ラ・フランス」とぶどうの有望品種「シャインマスカット」のプロモーションを行いました。このプロモーションは、山形県国際経済振興機構の協力の下、継続的な販路拡大と、「将棋駒」をブランドイメージとした「天童ブランド」の確立を目指して平成24年度から台北市で実施しているもので、昨年度から香港でも実施しました。本年度は、生産者2人を含む計6人が現地を訪問し、台北市内の高級百貨店および香港の高級スーパーにて試食・販売を行いました。台北市においては商品を購入された方には、天童市の特産品である「将棋駒(根付駒)」をプレゼントしました。
 いずれも現地の方に大変好評で、天童産果実のおいしさを伝えられるよい機会となりました。


       左側および中写真:台湾         右側写真:香港

天童市農業まつりを開催しました
 平成29年11月11日(土)に第35回天童市農業まつりを開催しました。当日は朝から雨が降り続くあいにくの天候でしたが、およそ3,000人の皆さんから御来場いただきました。
 開会式後の新米「つや姫」のプレゼントには、雨の中、朝早くから並んでいただき、予定の300人に配布することができました。
 催物では、天童産のラ・フランスや野菜をはじめ、交流都市である土浦市のれんこん、館林市のうどん、網走市の海産物などの特産品には多くの方が並んでお買い求めいただきました。また、りんごふじの品評会の展示や天童牛、ラ・フランススイーツ、農協青年部による「天童赤根!豚コロ鍋」や天童調理師苞祥会による「鴨南蛮力うどん」の販売など、各団体の協力により、秋の収穫を感じることができました。
 恒例の地区対抗綱引き大会も、予定通り行われ、今年は天童地区が力比べを制しました。


 出荷の最盛期を迎えた本市の特産果実であるラ・フランスをPRするため、平成29年11月2日(金)に山本信治天童市長、赤塚幸一郎天童市議会議長、金平芳己天童市農協組合長が、将棋(こま)の女王と共に、大阪府内の市場と兵庫県内の量販店でトップセールスを行いました。関西圏においての実施は、昨年に引き続き今回で4回目となります。
 市場では、山本市長が「台風接近による収穫への影響も心配されたが、生産者の努力により安心・安全でおいしいラ・フランスの出荷を迎えることができた。多くの消費者の皆様においしいラ・フランスをお届けできるよう協力をお願いしたい。」などと市場関係者を前にあいさつ。その後、試食と本市の特産品である将棋の駒(根付駒)をプレゼントし、天童産ラ・フランスをPRしました。

大阪市中央卸売市場 大阪市中央卸売市場 大阪市中央卸売市場


10月28日(土)に「食肉感謝祭(天童牛フェア)」が東京都内で開催されました
 平成29年10月28日(土)に天童市農協が天童牛販売店として指定している「肉の日山」の日本橋本店(東京都日本橋人形町)および築地店(築地KYビル1F )の2店舗において、「食肉感謝祭(天童牛フェア)」が開催されました。
 安全、安心でおいしい「天童牛」をPRするため、平成6年から開催し、今回で24回目の開催となりました。
 このフェアでは「天童牛を含めた山形県産牛」を当日に限り特価で販売し、さらに1,000円以上お買い上げいただいた方には、旬の「天童産ラ・フランス」をプレゼントしました。
 各店舗では開店から行列ができており、天童牛も多くのお客様にお買い上げいただきました。

 今後も天童市の農畜産物をとおして、天童市のPRを行っていきます。

2017_tendogyu_fare_tsukiji_01 2017_tendogyu_fare_tsukiji_02 2017_tendogyu_fare_honten_01

          築地店              日本橋本店

10月23(月)から27日(金)の間で明治大学・天童市連携事業「食のフェア」が明治大学駿河台キャンパス内で開催されました
 平成29年10月23日(月)から27日(金)の間で明治大学駿河台キャンパスリバティータワー23階サロン「燦」において、明治大学と天童市が連携で実施している「創立者のふるさと秋の食のフェア」が開催されました。
 明治大学創立者出身地3市(山形県天童市、鳥取県鳥取市、福井県鯖江市)の特産食材をふんだんに使った料理を提供するフェアを平成25年から年2回開催しており、今回で10回目の開催となりました。
 今回のフェアでは「天童牛」を使った牛肉細切り炒めと新米の「つや姫」を提供しました。また27日(金)には、天童産農産物の紹介や根付駒のプレゼントの実施により天童市のPRを進めてまいりました。
 3市の中で特に天童牛のメニューが大変好評であり、最終日では売り切れになるほどでした。 またつや姫についてもおいしいとの声もいただき、魅力を十分に伝えることができました。
 
 今後も天童市の農畜産物をとおして、天童市のPRを進めていきます。

 食のフェアのパンフレットはこちらをご覧ください PDFファイル (565KB)

2017_meidairenkei_01 2017_meidairenkei_02 2017_tendogyu_fare_honten_01


 本市産さくらんぼの知名度アップと消費拡大を図るため、6月1日・2日の二日間、山本信治市長、鈴木照一市議会議長、金平芳己農協組合長が将棋(こま)の女王とともに、東京都内の市場と百貨店でトップセールスを行いました。
 市場では、山本市長が「今年は十分な着果量が確保された中で、安全・安心でおいしいさくらんぼの収穫を迎えることができた。多くの消費者においしいさくらんぼをお届けできるよう協力をお願いしたい」などと市場関係者を前にあいさつ。百貨店では、さくらんぼや本市の特産品である将棋の駒(根付駒)をプレゼントするなどし、消費者に向けて本市産さくらんぼをPRしました。



 


この記事に関するお問い合わせ

担当課: 経済部農林課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0744