ホーム > 事業・産業 > 農林業 > 地産地消・食育コーナー
事業・産業
農林業
事業・産業タイトル

農林業

地産地消・食育コーナー


  • 平成28年度ヘルシーかんたん♪米粉セミナーを開催しました。

 日本人の食生活の変化に伴い、米の消費量は年々減少し続けています。そこで近年米の消費拡大の観点から注目を集めているのが米粉です。米粉は低カロリーで、様々な料理に使えるだけでなく、食料自給率の向上にも期待されています。
 市では、米粉の普及と特性とそれをふまえた加工法を学び、地産地消の意識高揚や地元農産物の消費拡大をはかっていくため、毎年米粉を使用した料理教室を行っています。
 お家でも簡単に作れる米粉料理を、この機会に一緒に学んでみませんか?


平成28年度ヘルシーかんたん♪米粉セミナーを開催しました。

平成29年3月4日(土)に、天童市立天童中部公民館で「ヘルシー♪かんたん米粉セミナー」を行い、天童市民22名が参加しました。
今回で5回目を迎えた米粉セミナーは今年もJAみちのく村山の井上玲子さんが講師を務め、米粉や天童市内で生産された「赤根ほうれんそう」、「米油」を使った、キーマカレー、ピタパン、コーンクリームコロッケなどを調理しました。
参加者は熱心に説明を聞きながら調理し、その後試食を楽しみました。「これまで使い方が分からなかったけど、小麦粉と同じで意外と簡単に使える」「大変勉強になった。小麦とは違ったおいしさがあるので家庭でも米粉料理に挑戦したい」などと好評でした。





当イベントのお問合わせは…

○ 経済部農林課農業振興係
  電話023-654-1111 内線214
 食料自給率の低下や食の安全が課題となっている現在、地産地消の推進が重要です。地産地消のメリットとしては、消費者にとっては生産者の顔が見えて安全・安心であり、新鮮でおいしい農産物を安く購入できることです。地産地消の取り組みを推進することにより、食に対する不安を解消するとともに、地場産農産物の消費拡大により市の元気な農業の展開を図ることができます。
 このような観点から市では、安全・安心な地場産農産物の生産と消費を拡大することにより、市民の皆さんに健康的な食生活を享受していただくため、毎年天童産の大豆を使用したみそづくり教室を行っています。
 農家のお母さんたちが秘伝の技を教えます。この機会に美味しいみその作り方を勉強してみませんか?

平成28年度地産地消みそづくり教室を開催しました。

 平成29年2月4日(土)に、天童市農業センターで平成28年度地産地消みそづくり教室が開催されました。今回で8回目を迎えたみそづくり教室は毎年好評で、今年も市内の産直きらきらの皆さんが講師を務めました。
 使用した大豆は寺津地区で生産されたものです。作業では事前に茹でて下準備をしていた大豆を、足でつぶし、麹と塩を混ぜ味噌玉を作成しました。28名の参加者は農家のお母さんたちの秘伝の技を学ぼうと、講師たちの話をメモをとりながら真剣に聞き、愛情をこめて作業をしておりました。「出来上がりが待ち遠しい」「自分の家でもみそづくりに挑戦したい」と会話も弾んでいました。
 一人約3キロに分けて持ち帰り、梅雨明けの7月中旬に食べごろを迎えます。


当イベントのお問合わせは…

○ 経済部農林課農業振興係
  電話023-654-1111 内線214
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 経済部農林課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0744